ペニスのコンプレックス解消!

ペニスにコンプレックスを持った原因は…


ペニスのコンプレックスで一番多い「短小」ですが、実はこの短小という言葉、医学的にもまったく定義がないのです。
つまり何センチから短小という明確な基準がないのですから、すべてが自分の主観となってしまいます。
そのため、他人から見たらまったく小さくないのに「自分は小さい」「もっと大きくなりたい」と考える男性がとても多いのです。

 

ちなみに世界15ヶ国で国ごとの平均ペニスサイズを算出したデータがありました。
その結果、日本は8位でおよそ13pと丁度真ん中に位置します。
極端な言い方をすれば日本人の平均サイズのペニスこそ世界標準とも言えるかもしれません。
参考までに同調査の1位はフランスの16.7p、15位が韓国の9.4pだそうです。
webサイトでよくみかける短小改善機器やクリニックなどの宣伝で見かける
『日本人の平均ペニスサイズは15p以上』とかいう広告は
ペニス自慢の人たちの自主参加でアンケートを口頭で集めた結果などであり、
自主申告なので大きめに申告したり、営業目的の誇大広告だったりするので気にしないようにしましょう。

 

他にも『銭湯などで他人のペニスを見て比較したときに自分のペニスが小さいと感じる』
「ペニスを隠していない人は平均以上の大きさだと実感したから隠していない」のであって、
隠された平均であっても自信がないもしくは平均以下の大きさのペニスは視界に入らないから余計に周囲の人のペニスが大きい人ばかりに思えただけという話もあります。
結局はコンプレックスからくる自身の短小意識が小さいと思わせているだけの場合が多いようです。

 

このようにペニスにコンプレックスを抱く原因はいくつかありますが、
全く持って根拠のないウワサやデータに惑わされている可能性もあります。
もう一度自分のペニスとしっかり向き合ってみませんか?